青空文庫の電子書籍化に関する問題

電子書籍化

プロジェクト・グーテンベルクは電子書籍化サイト
プロジェクト・グーテンベルクは、電子図書館としてもっとも長い歴史を誇っているプロジェクトです。
文学作品などを電子書籍化するというプロジェクト・グーテンベルクの構想が生まれた1971年は、当然イン
電子書籍化プロジェクトであるプロジェクト・グーテンベルクを創始したのは、アメリカのマイケル・S・ハー

電子書籍化

青空文庫の電子書籍化に関する問題

青空文庫による電子書籍化の過程においては、『入力者』と『校正者』のそれぞれが必要となります。
まずは入力者の方によってテキスト化の作業がされることになるのですが、電子書籍化されたデータについて、校正が済まなければなりません。
入力された作品に対しては、校正者の方が『予約』をすることになります。
電子書籍化のサービスを利用する際の注意点はこちらです。
予約が行われるまでのデータについては『校正待ち』というステータスとなって、作業が完了しないままに停止してしまうわけです。
校正者の方による校正作業が終わらない限り、そのデータはずっと公開されないということになってしまいます。
入力者の方に比べ、絶対的に校正者の方の数が少ないため、校正待ちとなっている作品の増加が問題になっています。

丸橋賢

中央出版

中央出版

中央出版

中央出版